最終更新日 2019年08月01日

日本理化学工業株式会社における公的研究費の不正防止に関する基本方針

2015年03月01日
最高管理責任者決定
当社は「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」に基づき、関係府省から当社へ配分される競争的資金等を中心とした公募型の研究資金(以下「公的研究費」という。)について不正防止を図るための基本方針を以下のとおり定める。

1.責任体制の明確化

公的研究費の適正な運営・管理をするため、当社は次の通りに責任者を置く。
・最高管理責任者
全体を統括し、競争的資金等の運営・管理について最終責任を負う。
・統括管理責任者
最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について全体を統括する実質的な権限を持つ。
・コンプライアンス責任者
各部署における公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ。

2.不正防止計画の策定と実施

公的研究費の不正使用を未然に防止するため、不正防止計画を策定し実施する。

3.不正が発生した場合

不正が発生した場合は当該者に厳正な処分を行うと共に、不正使用を行った要因を把握し、再発防止へ向けた対策を講じる。